てのひら鍼灸院は働くみなさんを応援しています。仕事も子育ても大変なとき、自分のために鍼で健康管理!

tenohira

症状・症例

頭痛

頭痛外来でしっかり診断していただくと、より安心です。病院で診てもらっても頭痛薬の処方のみとなる方、はりとお灸を受けてみてください。首肩のコリが原因だったり足首の問題が原因だったり。頭と首だけではなく全身を調整していきましょう。
症状・症例

目の症状・眼精疲労

はりとお灸が目の疲れに良いのか? 目に出てくる症状はストレス性のものが多いです。心だけではありません、体にストレスがかかっても出て来ます。全身をみて「はり」とお灸、そして目の周りをケアすると目の症状は軽減します。緑内障、白内障の症状進行もゆるやかに!
施術内容

徒手療法:大雑把にいうといわゆるマッサージ 指圧はマッサージとは違うのですよ

徒手療法のいろいろ いわゆる「マッサージ」。 機械を使うところもあるようですが、てのひら鍼灸院では全て手で行います。 徒手療法といいます。 その種類も様々です。 指圧 指圧はその名の通り、親指で圧をかける治療法です。実際には、親...
施術内容

吸角:きゅうかく と読みます。カッピング、吸い玉とも言う。昔から世界中にある民間療法だけど意外と知らない人もいる。

オリンピックの水泳選手がこのカッピングの丸い跡を付けていました。お気づきの方もいらしたかも。目立ちますねえ。夏場は、ちょっと受けるのに抵抗を感じます。しかし、血行が良くなる、痛みが取れる、そういう効果は抜群です。先日はギックリ腰の中国のおじいちゃんが来てくれました。
wordpressメモ

やってしまったわ!

wordpressって結構便利になっている! と思って作成して いろいろやって(これはまた後で書くけれど)、 サーバで独自ドメインの切り替えやったら、エラーエラー! ええっと、なんだかおかしいし、もういいや、ロリポッ...
てのひら鍼灸院のこと

施術の流れ:ご来院からお帰りまで

おおよそ、どんな感じで施術が進むのか、知っていると少し安心かもと思いました。予約いただいてからの流れを書いています。その方の症状にもよりますが、だいたい、こういう流れで進みます。次の予約を必ず入れろとは強要しません。安心してください。
症状・症例

心の疲れ・自律神経症状・うつ

お薬でコントロールしていくのも大切です。しかし症状が安定してきたら薬なしで過ごしたいと思うのがヒト。時間がかかることもありますが、じっくりと体と心を「はり」とお灸で整えて行きましょう。気と血がよく動くようになると体全体が潤って、頭もはっきりしてきます。
施術内容

脉診流経絡治療:脉(みゃく)をみて経絡を調整することを考えて鍼をうつ。簡単にいうとそういう鍼の仕方です。

おなかや手足、顔のお肌の感じと、両手首の脉(みゃく)を触って今の病状を把握します。どの経絡に変動が起きているのか?を判断するわけです。症状の出ているところではなく、根本的な問題のある経絡をまず鍼で動かしてあげる、そして症状の確認をすると、あれ?よくなっているかも。そういう感じです。
施術内容

深層筋療法:簡単にいうと骨のキワの、深いところのコリをとる鍼の打ち方です

深層筋療法で深くしつこいコリを取る 藤田は「深層筋療法」をやっています。 マッサージや整体を受けてもなかなかコリ感が取れない、すぐに元に戻る、 そう訴える方は多いです。 どうしてなのか? 考えてみて下さい。 ...
スポンサーリンク