脉診流経絡治療と深層筋療法で心と体の不調を整えます。自律神経症状、慢性疲労、頭痛、不妊などの辛い症状の方が、平塚市からだけでなく、伊勢原市、海老名市、寒川町、二宮町、伊東市からもお出で頂いています。

ホーム > 症状・疾患 > 心の疲れ

心の疲れ

不安感、抑うつ感、パニック症状などは心の疲れからくる症状…現代人は心の疲れをためている方が多いと感じています。

心の疲れはカラダの疲れ

しかし、これらも実はカラダの問題からくるものなのです。

ストレスで緊張するカラダ。
仕事で育児で、しっかり休む暇のないカラダ。
パソコンやスマートフォンの使い過ぎによるVDT症候群で心にも影響が出てくる事があります。

それは、緊張で気の巡りも血の巡りも悪くなっているからなのです。マッサージを受けると緊張が解けて心も軽くなるのを感じた経験のある方も多いと思います。マッサージを受けて緊張がゆるむのなら、まだ軽症かもしれません。

自分でリラックスする事が難しくなってきているのが、今の人たちなのです。カチカチになったカラダを緩めてあげる事が心を緩めてあげる事につながります。

心の疲れを鍼でとかす

社会生活で緊張が絶えないと、カラダの表面だけでなく、奥の筋肉は常に緊張を強いられています。それらはマッサージでは揉み解せない、カラダを支持する筋肉です。

パニック症候群の人やうつ症状の人は胸から上の筋肉が硬くなっている事が多いです。
自律神経のバランスをとる鍼と、深層の筋肉の緊張をとる鍼、そして指圧を組み合わせてカラダの緊張を解きほぐしていく事で、カラダはエネルギーを全体に回す事が出来てきます。循環の良いカラダを作る事で精神的な症状を改善していく事ができるのです。

薬を飲まなければならない状態の時は飲んでください。
でも、飲まなくても良い方向に持っていけるものなら、その方がカラダにも心にも良いと思っています。

個人差の大きい症状ですが、1回で改善が見られる方から、10回くらいの治療で改善していく方までいらっしゃいます。是非、ご相談下さい

↑ PAGE TOP