鍼を受けた後、だるくなったり眠くなったり、様々な症状が出ることがあります。

神奈川県平塚市の駅から歩いて10分の、てのひら鍼灸院です。脉診流経絡治療と深層筋療法が受けられる数少ない鍼灸院です。

0463-86-6389受付時間:AM10:00〜PM9:00 休診日:日・月

施術後に見られる症状について

鍼灸の治療を受けた後、家に戻ってから翌2、3日の間に症状が悪くなったような状態になる事があります。

一見、悪化したような症状が出るのはカラダの適応反応

など様々な症状が出る事があります。

これらはほとんどが東洋医学で言うところの瞑眩(めんげん)や、いわゆる好転反応と言われるものです。

なぜこんな症状が出るの?

鍼灸はカラダの気と血の流れを変える事で治療をします。それが「カラダを変える事」になるわけです。

なにかしらの症状が出ている状態というのは気や血の流れが足りない・過剰・滞っているなどの問題があるからです。治療をすることによって流れが変わると、カラダも混乱します。新しい流れによって別の所に痛みが出る事もあります。

そういう時はカラダを休めてもらうのが一番です。無理な運動はせず、時間が許せばしっかり寝て休んで、カラダが新しい流れに対応するのを待ってください。
時間が経ってカラダが新しい流れに慣れると、以前よりもスッキリとするのが感じられるはずです。

出てきた症状で少しでも不安に思われたら、てのひら治療院までご連絡ください。どういう状態かお聞きして、ご自宅で出来る事などアドバイスいたします。一人で不安なまま過ごしたりしないように!!

営業日カレンダー

× ×
*祝日も開けています。

お問い合わせフォーム

神奈川県平塚市桃浜町26-17