てのひら鍼灸院 Tenohira Acupuncture Clinic

0463-86-6389受付時間:AM10:00〜PM9:00 休診日:日・月
ホーム > コラム > 症例 > 手の皮膚のピリピリ感

症例: 手の皮膚のピリピリ感

内輪の話ですが、昨日、藤田が
「左腕の小指側が、なんだか神経過敏みたいになってピリピリする…」
と言ってました。

袖が触れたりすると痛いらしいです。
なんだろ!?
手首から肘に向かう、腕の外側が痛い。


脈を診ると、ちょっと浮いていて(痛みがあるからでしょうね)、
特に東洋医学でいう肝が力がありません。
逆に痛みの出ている小腸経に邪らしきものを感じます。

触れるだけの鍼ていしんで肝を補って、心包経を補って、
まだ邪が少し残っている小腸経を、同じくていしんでさすって邪を取ります。

それから、痛みを感じる部分の周りを補ってあげてから、
小腸経にお灸。

ピリピリ感は随分気にならなくなり、

今日はもう良くなりました。


こういう、「なんだろう、これ!? 痛いよ!」という症状も、
経絡を使った鍼とお灸で改善していったりします。

ちょっとした症例でした。

営業日カレンダー

× ×
*祝日も開けています。

お問い合わせフォーム

神奈川県平塚市桃浜町26-17

友だち追加