白いヒガンバナを見て、ヒガンバナのことを検索してて思ったこと

てのひら鍼灸院 Tenohira Acupuncture Clinic

0463-86-6389受付時間:AM10:00〜PM9:00 休診日:日・月
ホーム > コラム > 雑談 > リコリス

白いヒガンバナ

家族が「白いヒガンバナが植えられている」とLINEで写真を送ってきたのがきっかけ。

ヒガンバナは、畑やお寺の一角が一面真っ赤に染められたようになる、そういうイメージだったのだけど、白いのもあるのか…と検索して見たら、ヒガンバナの育て方のページに「リコリス」とでてきた。

みんなの趣味の園芸〜リコリス

リコリス?

リコリスと言えば、甘草。と私は思ってしまう。

北欧やヨーロッパで、間違えて買うと激しく後悔する黒いお菓子に使われているハーブじゃない?
でもあれ、ヒガンバナみたいなんとは絶対違う。

そう思ってよく見ると、

ヒガンバナはLycoris radiata←wikipediaのページ見れば、アマリリスの親戚だ。言われれば確かに!!

お菓子に使われるリコリスはliquorice←wikipediaのページ マメ科の植物でした。そうだよねぇ。

カタカナにすると、両者の名前は確かに同じかも。でも、混乱しない?

ヒガンバナはヒガンバナって書こうよ。それとも、不吉なんて言われたりするからイメージチェンジを図っているのかな。

道端に見つけた玉ねぎみたいな実

そして先日、平塚駅近辺を歩いているときに、街路樹の足元に生えている「何か」に薄緑色の玉ねぎのような実が付いているのを発見した。

ああ、なんだろう、これ!

私は、すぐにはわからなかった。。。ユリ系?

藤田が「観葉植物 実」で検索すると、どんぴしゃり出てきましたよ。

ハマユウ!←wikipediaのページ

あ、これがハマユウ? こういう植物だとは知りませんでした。ハマナスと混同してた。

しかも、ヒガンバナ科の多年草。ヒガンバナの仲間か!

なんとなく、アナナス系かと思ったのに。

市街地などに植えられたりするって、まさしくこれがハマユウやね。

 

どうしてこんなことを書こうかと思ったかと言うと、

最近、ヒガンバナ関係に繋がっているなと思ったからでした。

それと、カタカナにするとややこしいな、と言うお話。

2017年9月26日

営業日カレンダー

× ×
*祝日も開けています。

お問い合わせフォーム

神奈川県平塚市桃浜町26-17

友だち追加