食事制限をしなければならない人もいる。自分はそうでしょうか。惑わされないように!

てのひら鍼灸院 Tenohira Acupuncture Clinic

0463-86-6389受付時間:AM10:00〜PM9:00 休診日:日・月
ホーム > コラム > 雑談 > 食べることは大事

食べることは大事

先月の末、近藤は大腸内視鏡検査を受けました。

ぶっちゃけた話、出血があったので軽く診てもらったら「痔ですね」という診断だったのですが、中もチェックしておきましょうかという話になったのです。(近藤は乳がん経験者でまだ定期検診を受ける身ですので、少しチェックが厳しくなります)

大腸内視鏡検査を受けたことのある方は経験済みですね。
受ける前の食事制限。

私はもともと便秘気味だからか3日前から制限食となりました。

あれこれ「食べていいもの・ダメなものリスト」に書いてありますが、要は

・不溶性食物繊維を含むもの

・乳脂肪など動物性脂肪

がダメなようです。カスが残るかもしれないものと、脂の膜が張って検査しにくいもの、ですね。

コーヒーホリック、しかもミルクたっぷりのコーヒーを常飲する私には牛乳禁止が苦行でした。内視鏡検査は大腸の角をカメラが曲がりながら進む時にグイグイと押されて、ウゲェとなりましたが、何も問題点はないというめでたい結果に終わりました。

しかし豆や野菜、牛乳と制限が多かったせいもありますけれど、なかなか、食べるものが限られるというのは精神的に辛いものでした。3日間だけだから大したことはないのですけれど。

 

ところで、3日間だけでなく、病気だからというわけでもなく(?)食事に制限をかけている人を時々見かけます。

検査前の食事制限をすると同時期に、「FODMAP」というものを知りました。
FODMAPをご存知の方も多いと思います。私は知りませんでした(汗

「発酵しやすいものを制限する」食事で、過敏性大腸症候群(IBS)の方の食事療法です。

しかしですね。
「◯◯してはいけない」的な本。巷に溢れています。そういう本に、この発酵しやすいものを避けることで健康になる!みたいな事が書かれていたりするのです。

いや、たまたま過敏性大腸症候群だと気がつかずに不調だった方には効果が出るかもしれません。

 

でも、そうじゃなかったらあまり意味ないし。FODMAPを実行するとしても栄養士の指導のもとにする方が安心だし。

 

だいぶ前から糖質制限も叫ばれています。ガンを成長させるとかさ。そういう煽るような言葉で本が出ていると、人の目に止まります。小麦を食べてはいけないという本もありました。これはね、グルテンにアレルギーがあるセリアック症候群の患者さんは適応しますよ。

 

その食事制限を必要とする人もいる。

では自分は本当に当てはまるのか?

よくよく確認して欲しいです。「制限する」というのは、その栄養素が足りなくなるという事。

 

アレルギー反応が出てないのであれば、色々なものを食べることができます。

よく噛んでバランス良く食べることが大事なのです。

営業日カレンダー

× ×
*祝日も開けています。

お問い合わせフォーム

神奈川県平塚市桃浜町26-17

友だち追加